Profile

Milky / みるきー

1988年生まれ。PCを駆使した作曲が得意。
インタビューや食レポもするラッパー 。
2MC1DJヤルキストではトラックメーカーとしても多くの楽曲を手掛ける。

小学6年生の時、書店で祖母に初めて買ってもらった「ナンダカンダ / 藤井隆」
それ以来CDの虜になり、レンタルCDショップや商店街のCD屋に通いまくる。
MTVを見てキングギドラを知り、RAPやHIPHOPにハマる。
嵐の「a Day in our life」のクレジット表記にスケボーキングの名前を見つけ
ジャンルを超えたラップの広がりに魅力を感じる。
その流れで、レンタルCDショップで山嵐を発見。嵐と勘違いし、衝撃を受ける。
しかしその時点では間違いと気づかず、「人の二面性はすごい」と謎に悟る。

中学1年生の時、父が仕事で使っていたPCを時々借りて検索の楽しみを知る。
「作詞 作曲」と検索し、たどり着いたのは巨大掲示板群。
作詞を投稿し、気に入ってもらえれば作曲家&歌手に歌ってもらえるらしい。
毎日毎日投稿し続け、ある日ついに歌を乗せてもらうことが叶う。
感動を覚え、いつかは自分で作曲もしてみたい気持ちが芽生える。
日々聞く音楽がプロの音楽から、気づいた時には
そういったオリジナル音楽へと変わっていった。

掲示板を渡り歩いていたら、「みんなでラップを作ろう」というところに出会う。
シンガーソングライターに比べ、始めやすさやみんなで楽しんで作っている感じが
とっても好きで、お年玉で買った初代iPodにマイクを拡張し、フリーソフトで曲を作り始める。
学校から直帰し、曲を作り投稿し、感想やアドバイスをもらって、また作る。
そんなルーティンを毎日繰り返すようになる。

親のいない間に家で録音していたものだから
ある日、録音しているのが親にバレる。

「え、英語の練習してたのよ!」
このとき、親に嘘は通じないのだと悟る。

観念してすべてを親に話し、応援してもらえるようになる。
初めて人前で披露したライブは
母親が通っていたHIPHOPダンススクールのクリスマス発表会。
「納豆の降る街」という曲だったと思う。
どんな曲だったのか思い出せないが、思い出せないほうがいいのかもしれない。
今ちょっと思い出したけど、「豆の降る街」だったかもしれない。
いややっぱ降らない街だったかな、、もうなんでもいいっす。

まあそんな感じで作曲やラップにハマっていって
ありがたい出会いのおかげで今も音楽をさせてもらっており
感謝感激雨山嵐である。

いろんな思いを持ちながら、音楽活動をしているが
なんとなく自分でいつか作ってみたい曲があるような気がして
それを追いかけているものの、それがなんなのかはわかっていない。

ただそんな日々を通じて、喜んでくれたり気分が軽くなってもらえたり
なんかハッピーが生み出せたらいいなぁ~て思ってます。

【Works】
広島東洋カープ「水金地火木どってんラップ」
テレビ新広島”ひろしま満点ママ”OPソング「ありがと、ママ」
などなど。

PAGETOP
Copyright © みるきー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.